葉酸はビタミンB群の仲間

葉酸はその性質から、ビタミンB群に含まれます。
ビタミンB群は脳や皮膚などを健康に保つためのビタミンで
体を動かすためのエネルギーを作り出す代謝を助ける役目も持っています。

 

人の体に不可欠な栄養素で、過剰に摂取した分は尿として排出される性質があり、毎日摂取する必要があります。

 

葉酸は赤血球やDNAの合成に関わる物質で
特に妊娠している女性に効果がある物質として注目されることがあります。

 

妊娠初期の場合に葉酸が不足していると、胎児の神経閉鎖障害のリスクが高まることから
妊娠中の女性には重要なビタミンです。

 

また胎児にとっても、細胞増殖の手助けをしてくれる物質なのでとても大切です。
貧血の予防にもなるので、積極的に摂取しておきたいビタミンです。

 

葉酸は、ほうれん草などの野菜やレバーなどに多く含まれています。
食事による摂取が十分でない場合や、なかなかバランスのとれた食生活ができない場合には
葉酸サプリなどで補うこともできます。

 

妊娠中や授乳が必要な女性に注目が集まるビタミンですが、貧血や体の成長を促す効果もあるので
成長期の子供や貧血気味の人にも効果があります。

 

酵素の働きを助ける酵素としても働くので、他のビタミンと同時に摂取することでより高い効果を期待できます。