葉酸サプリはいつから?

妊娠中に最も欠かせないサプリとして、産婦人科でもよくサンプルが置かれていたり、実際にドクターや助産師さんからも直接すすめられることが多い、葉酸サプリ。

 

妊活している方は、妊活中から飲んだ方が良いとされています。

 

では、どうして妊活中から飲み始めないといけないのでしょうか?

 

その答えは、妊娠0週からの摂取が望ましいためです。葉酸は、赤ちゃんの脳の発達に欠かせないと言われています。

 

妊娠0週から7週にかけては、卵子が細胞分裂を重ねる、「細胞分裂期」と言われ、この時期に脳や内臓が作られていきます。

 

その細胞分裂期に、通常の倍の葉酸が使われているそうです。

 

しかし、葉酸が欠乏していたら、赤ちゃんに葉酸が行き渡らなくなってしまいますよね。だから、妊娠初期の葉酸は非常に重要とされているのです。

 

妊娠0週は、女性は妊娠する前の段階ですから、誰も0週であることはわからないですよね。

 

だからこそ、妊活中の方はいつ妊娠0週であっても良いように、葉酸サプリが推奨されているわけです。

 

 

葉酸サプリの役割

赤ちゃんの脳の発達に重要な役割を果たしていると言われる葉酸。

 

一般的に、葉酸は、葉酸サプリで摂取されることがほとんどです。

 

さて、その葉酸が欠乏したら、どのようなことになるのか調べてみました。葉酸は、妊娠超初期から2か月くらいまで、通常の約2倍必要とされています。

 

この時期に葉酸サプリを十分量摂取することで、神経管閉鎖障害からくる、無脳症や二分脊椎のリスクが7割ほど低減されると言われています。

 

無脳症は、文字通り、脳が欠損し、形成されないこともあり、額から上がない状態で産まれます。

 

無脳症に対しては、現在治療法はないとされているため、葉酸サプリを摂取して、予防するしか方法はないのです。

 

二分脊椎は、脳につながる脊椎の神経細胞が露出してしまうものです。

 

遺伝的要素もあるため、100%予防は難しいのですが、それでも葉酸サプリを摂取することで、大きく予防できるのであれば、葉酸サプリは絶対に欠かせないものになりますよね。

 

葉酸サプリはどれだけ?

妊娠したら、欠かせないサプリメントとして知られているのが、葉酸サプリ。

 

さて、葉酸サプリで、どれくらいの葉酸を摂取する必要があるのでしょうか。厚生労働省は、最大の時期で、一日400μgの葉酸を葉酸サプリから摂取することを推奨しています。

 

食べ物も含めた葉酸の量ではなく、食べ物の他に葉酸サプリからの摂取という条件まではっきりと推奨しているのです。

 

葉酸が最も必要とされているのが、妊娠2か月までです。

 

この妊娠2か月までは、赤ちゃんの脳の成長のために、葉酸が通常の2倍必要とされています。

 

厚生労働省は、妊娠4か月までは、この最大の量である、400μgを摂取するのが望ましいとしています。

 

また、妊娠5か月から出産までは、一日240μgの摂取が望ましいとしています。ということは、出産まで葉酸サプリが必要であるということがわかります。

 

この厚生労働省による推奨量が不足しない、安心安全な葉酸サプリを選ぶことが重要になりますね。

 

 

人気の葉酸サプリ

妊娠中のサプリと言えば葉酸サプリ。

 

妊娠中は特に安心して飲める葉酸サプリが良いですよね。

 

そんな葉酸サプリの人気ナンバーワンは、ベルタ葉酸サプリだそうです。

 

ベルタ葉酸サプリのポイントは、無添加という点です。

 

また、放射能検査も非常に熱心ですから、安心して飲めますね。

 

ベルタ葉酸サプリが1位の理由は、妊娠中のママが確実に効果を感じられる点ではないでしょうか。

 

ベルタ葉酸サプリにはプラセンタや、鉄分も含まれています。プラセンタは体調を良くしたり、お肌をきれいにしてくれます。

 

鉄分で疲れが後を引くのを緩和してくれますから、ママの体調が良くなったと実感しやすいですよね。2位は、はぐくみ葉酸サプリ。

 

はぐくみ葉酸の最大のポイントは、栄養士のサポートが付くことです。

 

3位は、AFC葉酸サプリ。安心な品質を保ちつつ、上位ランキングの中では、リーズナブルで、口コミも良いです。

 

上位ランクの葉酸サプリの中から、自分の設定した条件を満たしたものを選ぶのが賢明かもしれませんね。

 

更新履歴